2012年01月20日

激安カラコン、お勧めしません!!

カラーコンタクトで虹彩の色を変えることを、ファッションの一部として、思われがちな昨今、
(明らかなカラコン使用の芸能人もテレビでよく見かけますが)、
直接角膜、結膜に接するものなので、使用方法、ケア、のみならず、安全性の高いレンズを選ぶことは、とても大切です。
眼科、眼鏡、コンタクト販売店等以外で、( 量販店! )激安を売りにした粗悪なカラコンを購入されてしまう方もいます。
コンタクトレンズも工場で作られる製品なので、各社、快適で安全性の高い、素材、デザイン、製作方法等を日々研究されているのですが、そういった確かな技術や性能を持っていない会社が作ったものが売られていることも多々あります。
販売される方もそういった危険性を知らないことがほとんどです。
実は量販店でカラコンを購入し、眼障害を起こして眼科に来られる方がよくあるんです。
そのため、コンタクトレンズは厚生労働省で、高度管理医療機器に分類されているものなのです。
安全な会社は一般に分かりにくいかと思われますが、眼科に相談されるとか、日本コンタクトレンズ協会に所属しているとか、あるいは正規の会社はコンタクトレンズのメリットだけでなく、デメリットも十分説明しているものなので、くれぐれも値段だけで購入されないでください。
posted by スタッフ at 11:58| 眼科豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする